はじめに

1980年に医師免許を取得後麻酔科に入局し、1987年頃から集中治療に携わり30年が経ちました。宮崎医科大学の一期生のため、すべてが最初からでした。
特に、集中治療領域には、先輩がいなかったため、試行錯誤で重症患者を診てきました。今回、ホームページの形で、30年間の、自分なりの医療についての考えを整理してみましたので、暇なときに、ご覧ください。

自分の戒めとして、以下の標語を考えました。
見逃さない、ミスをしない、思いこまない

集中治療を担当すると、よく燃え尽き症候群の話が出ます。頑張りすぎでしょうか。考え方を変えることで、すこしは、燃え尽きなくていいと思います。

患者さんが病気から復帰していくのは、誰の力でしょうか。重症患者がよくなったとき、まわりの看護師さんは、「あの人は生命力があったわね」とよく言っています。その横で、医師連中は、自分たちががんばったからよくなったんだと、おもっているでしょう。
重症患者の治療について、10年前の経過表と現在のものを比較したことがあります。10年後では、12時間速く治療方針を決めていましたが、治療していることは、さほど変わっていませんでした(これって、異論があるでしょうか)。しかし、生き死にはありました。なぜ、助かったんだろう。患者さんの生きる力が強いかどうかが決め手のようでした。昇圧薬に反応したり、経管栄養で下痢もなく、抗生物質の投与で、細菌感染が消滅したり。どうも、患者さんの持てる力で、治療が奏功したのではないでしょうか。

ですから、今、考えられるすべてのことを検討し、全員で確認し、治療方針を決めれば、あとは、患者さんしだいではないでしょうか。重症患者の経過は、12時間ごとに、検討する必要はあると思います。必ず、看護師さんから、定期的に電話連絡をもらい、すべからく、迅速に対応しなければなりません。そこで、変化を見逃さず,取り組めばいいのではないでしょうか。一方で、経験を積むと、入院した時点で、その患者さんの予後が少し分かり始める気がします。ああ、あの人は、大丈夫だろう。この人は、ややもすると、だめかなとかです。また、消化器外科の救急患者の時、絶対に、術後感染は必発で、縫合不全も起こすと予想していて、まったく、問題なく、回復する人がいます。ここに、「思い込まない」という気持ちが大事と考えています。1日、やるだけのことをやり、考え抜けば、家に帰って、ゆっくりするべきでしょう。次に備えるために。燃え尽きることはありません。

麻酔科に8年、集中治療と麻酔の掛け持ちに10年、どっぷりと集中治療に12年の生活でした。様々な症例を思いつくまま提示しました。
20年前の写真のネガスライドから掘り起こしたものは、絵が不鮮明です。